山口ケンイチ(ヤマケン)さん【せどりの参考書】 との出会い

初めてブックオフへ行き、どきどきしながら携帯を握りしめていました。

2008年に初めて、「せどり」というものの存在を知った私は、
例にもれず、ブックオフへ通うことにしました。
なぜなら、インターネットのせどり情報に、

 

 

「ブックオフで105円の中古本を仕入れる」

 

 

と書いてあったからです(笑)

 

 

実はわたし、ブックオフって行ったことがなかったんです。
古本というもの自体に縁がありませんでした。
だから、なんとなく、ブックオフに入ること自体、
どきどきしていしまいました。
その上に、携帯で本のISBNコードを調べて、
価格をチェックしなけれないけないのです。
もう冷や汗もんです。
せどりを105円本から始めたことのある方なら、
この気持ち、わかっていただけると思います^^

 

 

まぁ、仕入れられる本がないこと。。。

 

 

膨大な量の中古本を前に途方にくれました。
でも、根拠のない自信といいますか。
んん、、、自信じゃないですね。
これをやるしかないんだっていう覚悟みたいなこのがあって、
初めてブックオフに行った日は、
とにかく1冊、300円ぐらいで売れそうな本を見つけて、
大事に抱えて帰った覚えがありますね^^;

 

 

そんな感じですから、当然お金になりません(笑)

 

 

 

 

ちょっと見えづらくて申し訳ないのですが、
上の表は、アマゾンの売上表です。
せどりの先輩方のお話をいろいろ調べて、
わたしは、アマゾンマーケットプレイスでの販売を始めました。

 

 

2週間に一度の入金。
初めての入金額は、2008年11月24日の645円です。

 

 

2週間の売り上げが645円ですよ。
今思えば、本当にびっくりな数字ですが、
この時は不思議と、暗い感情はまったくありませんでした。
むしろ、

 

 

本当に稼げるんだっ!

 

 

という驚きと、未来に向けての確信のようなものが芽生えました。

 

 

そして、しばらくは、2週間の売り上げが、
10,000円に手が届いたり、届かなかったり。
そんな状況が続きました。

 

 

そんな中で出会ったのが、山口ケンイチ(ヤマケン)さんの

 

 

【せどりの参考書】

 

 

この教材を購入したのが、2010年3月のことです。
これは衝撃でしたね。
今までのせどりのスタンダードな方法は、

 

 

「105円本を仕入れて、アマゾンの順位と価格をサーチしてアマゾンに出品する」

 

 

ヤマケンさんは、

 

 

  • せどりで稼ぐには「仕入れ」が一番重要!
  • 「リサーチ」が重要!
  • 「稼げるせどり視点」を獲得し、自らの「目利き力」を養う

 

 

これらに重点を置き、「エンタメ系せどり」というジャンルで、
楽しく稼ぐということをおしえてくださいました。

 

 

もともと、音楽が大好き、エンタメも大好きだった私は、
またまた、目の前の世界がぐ〜んと広くなったような気がしました。
本当に素晴らしい教材でした。

 

 

 

 

この教材に出逢ったおかげで、私のアマゾンの売り上げは、
ぐーんと1ケタ数字が伸びました。
当然のことながら、すべてが利益なわけではありませんので、
この時期の利益はひと月に3、4万円です。
でも、何もしなければ手にすることがなかった収入ですから、
本当にうれしかったことを、覚えています。

 

 

>>「脱!薄利多売「せどり2.0」で、CD・DVDせどりの魅力を知る。」のページに進む


トップページ 一眼レフ入門「写真作品創作塾」 せどりで10万円体験談 アフィリエイトで30万円体験談