片手間韓国輸入ビジネスとの出会い | 本格的な電脳せどり

電脳オンラインせどりとして、韓国輸入ビジネスを始める。

実は、このころ、少し大きな車の事故をしました。
いつも通っていたブックオフに仕入れに行き、
自宅へ戻る途中でした。
私はただまっすぐ走っていただけだったのですが、
駐車場から出てきた車が、突然、私の車に横から突っ込んできたのです。
ちょっと避けようがありませんでした。
私の車は廃車。
かなりひどいむち打ちになり、ほぼ毎日整形外科へ通うことに。
こうなってくると、ブックオフへのせどりがものすごく負担になりました。
店舗せどりは本当に体が資本。
わかってはいたのですが、
自分では気を付けようのないところで、けがを負うことになり、
私はここで、大きな決断をしました。

 

 

店舗せどりを止めて、電脳せどりで収入を得よう!

 

 

できるという確信があったわけではありませんが、
やるしかない、という目に見えない力に背中を押され、
店舗せどりから、電脳せどりへシフトすることを決意しました。

 

 

それからは、一切ブックオフへ出かけるのを止め、
「プライスチェック」「せどりRank」というフリーのツールを入手して、
朝から晩まで、商品リサーチを続けました。
ある程度は稼げるようになりましたが、
それでも、やはりブックオフせどりをしていた頃の収入には、
なかなか戻すことができませんでした、

 

 

そんな中、2012年8月。
「片手間韓国輸入ビジネス」という教材をに出会いました。
”韓国輸入”というワードに、何となくピンときて、
やってみよう!と思ったのです。
そして、これがとてもよかったんです。
今まで、国内せどりでCD・DVD・書籍を扱っていましたので、
韓国輸入も同じジャンルにしぼりました。
最初は時間がかかりましたが、
意外と早い段階でコツをつかみ、
良い商品を見つけられるようになりました。
こうして、まったく電脳せどりだけで、
ブックオフせどりをしていた頃と、
ほぼ同じくらいの収入に戻すことに成功しました。
下が実際の、アマゾン振込みレポートです。

 

 

このころの利益は、
日本国内の電脳せどりのみで、毎月8万円〜12万円くらい。
でも、やっぱりまだまだ心もとないですよね。
なんとか、月収20万円くらいまでに持っていきたい。
何か方法はないか、いろいろ調べていた時に、
丹治雅則氏のアフィリエイト塾「タンジ塾」の存在を知ったのです。

 

>>「丹治雅則氏のアフィリエイト塾「タンジ塾」に入塾」のページに進む

 

 

>>「電脳オンラインせどり必須ツール「せどりRank」毎日使ってます!」のページに進む


トップページ 一眼レフ入門「写真作品創作塾」 せどりで10万円体験談 アフィリエイトで30万円体験談