一眼レフ通信講座「写真作品創作塾」体験談 提出2回目

「写真作品創作塾」2回目。「構図・構成を研究して撮る」

国際文化カレッジ「写真作品創作塾」。2回目の提出を行いました。
提出した写真と添削結果を記録していきます。

 

 

2014.07.15 提出。
2014.08.01 返却。

 

単元2 提出した写真と添削結果

 

イ. 濃緑映える水面の訪問客

 

選んだ演習テーマ:演習10 対称形の構図で撮る作品
評価: B

 

 

講評

水面に反射した鴨が対称構図になっています。
水面にできた波の様子も美しいですね。
鴨にはしっかりとピントも合っていますし、
毛色も美しい仕上がりです。
ただ水面の反射が強く緑色が飛んでしまっていますので
補正を少し抑えて色を落ち着かせておくとよいでしょう。
水が画面いっぱいに入りますから
PLフィルターを使用してもよかったでしょう。

 

ロ. 閑静な竹の道へのいざない

 

選んだ演習テーマ:演習9 三角形の構図で撮る作品
評価: A-

 

 

講評

竹塀の垂直と斜線がよく表現できています。
竹の垂直も良く出ていますね。
構図は安定感もありますし、
奥行きを感じさせる仕上がりになりました。
手前の木の杭ですが、手前で大きくなりますし、
奥の風景を遮断してしまっています。
カメラ位置を工夫して手前をすっきりとさせましょう。
石畳の色がやや明るいので、
もう少しマイナス補正をしてもよいですね。

 

ハ. 東海道本線車内から望む「台風一過」

 

選んだ演習テーマ:演習13 黄金分割で撮る作品
評価: B+

 

 

講評

窓を対称にして対称構図にまとめている面白い作品です。
台風の後の澄んだ空の青が印象的ですね。
奥の風景全体が明るくなっていますので、
もう少しマイナス補正をして色を落ち着かせおくと良いでしょう。
特に水の色は飛んでしまっていますから
露出をしっかりと測光しておくとよいですね。
PLフィルターで反射を抑えてもよいでしょう。
窓の正面から狙い、しっかりと対称にすると安定感が出てきます。

 

 

総合評価: A-

全体講評

構図に関しては、おおよそ理解されています。
写真は、構図や構成によって仕上がりもかなり変わってきます。
一つの被写体でも色々なアングル、カメラポジションで狙ってみましょう。
また、主役以外の脇役、空間使いにも工夫をしていきましょう。

 

 

講師の先生からの講評に、頻繁に

 

「PLフィルターで反射をおさえてもよいでしょう」

 

という文言がでてきますね。
PLフィルターの存在は、カメラ雑誌などを読んで知ってはいるのですが、
使いこなせるかなぁ〜と思い、購入を少し躊躇しています。
でも、数千円で購入できますから、そろそろチャレンジしてみましょうかね。

 

 

 

提出作品は、オリンパスのミラーレス一眼
OLYMPUS OM-D E-M10」で撮影しました。

 

 

 

毎日一生懸命カメラのことばかり考えていられない。
そんな方には、DVDで学べる
「一眼レフカメラ上達講座」が良いかもしれません。

 

>>「カメラ・写真の基礎を勉強できる通信教育を調べてみました。」

 

 

自分で撮った大切な写真をカレンダーにできたら、素敵だと思いませんか?
私が実際に作ってみた体験談はこちらです。

 

>>「オリジナル写真カレンダーを2社にネット注文し比較してみた」

 

 

 

>>「国際文化カレッジ「写真作品創作塾」提出3回目」のページに進む


トップページ 一眼レフ入門「写真作品創作塾」 せどりで10万円体験談 アフィリエイトで30万円体験談